文字サイズ

新喜劇の森田まりこが左足手術から舞台復帰「緊張してかみまくった」…ジャンプも

舞台復帰を報告する森田まりこ(中央)=大阪・なんばグランド花月
舞台復帰を報告する会見でゴリラのマネをする森田まりこ(左。右は酒井藍)=大阪・なんばグランド花月
会見で舞台復帰を報告する森田まりこ(左。右は酒井藍)=大阪・なんばグランド花月
3枚

 昨年12月の公演中に左足を負傷して手術し、舞台から離れていた吉本新喜劇の女優・森田まりこ(38)が6日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で行われた「吉本新喜劇ワールドツアー60周年それがどうした!JAPAN FINAL SPECIAL in OSAKA」で復帰した。

 吉田裕(40)の妹を演じた森田は「森田まりこで~す」と激しいダンスで登場。「ものすごいテンション上がって」と笑顔を見せた。劇中はすっちー(47)から「長いこと休んでたから」と負傷に絡めて振られると、「その節は心配させてすいませんでした。配達中にケガしたんです。もう大丈夫」と全快報告。引き上げる際、再び足を痛めたフリをした後、得意のゴリラのマネで起き上がって安心させた。

 終演後、取材に応じた森田は「新喜劇の舞台は9カ月ぶりで、思ったより緊張してかみまくった。張り切り過ぎちゃった。お客さんは温かかったし、座員の皆さんも『まりこ、お帰り』みたいな愛情を感じながらやらせていただいた」と笑顔。仲良しで同席した座長の酒井藍(32)は「転がったり、ジャンプしたりするからヒヤヒヤした。まりこ姉さんは無理しちゃう優しい性格だから手綱を引きたい」と復帰を喜びつつ、暴走には目を光らせるとした。森田も「二度とけがをしないように気をつけて、安全な範囲で思い切ってやりたい」と誓った。

 先週の定期診断で医師から復帰の許可が出たという森田は、昨年12月2日のNGKの夜公演でダンスの着地をした際、左足を負傷。検査の結果、「左膝前十字靱帯断裂」「左膝内外側半月板損傷」と診断された。その後、手術、リハビリを経て、今年1月26日からラジオのレギュラー番組などには出演していた。

 この日、けがを振り返った森田は「学生時代にダンス部やったけど、現役の気持ちでかっこつけるダンスをしたらミスっちゃった。ターンジャンプでターン前に(左)足をねじり切った。いつまでも現役と思ったら20年前」と反省。また、ゴリラが進化するものまねを得意とする森田だが、手術で半月板が他人と違うことが判明したという。「現代人はドーナツ状で穴が空いてるのに、私はお皿のままでした」と笑いながら明かした・

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス