文字サイズ

松本人志 浜田雅功との不仲を告白…約10年間「死ぬほど仲悪かった」

 ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功
1枚拡大

 ダウンタウン松本人志(55)が13日深夜にABCテレビで放送された「松本家の休日」(土曜深夜0・10)に出演し、相方の浜田雅功(55)と「死ぬほど」不仲の時期が10年ほどあったと語った。

 番組にはベッキーがゲスト出演。バラエティー番組の本番前にする楽屋あいさつは必要かどうかを松本や雨上がり決死隊・宮迫、たむらけんじに尋ねた。

 松本は「いいと思うよ」と必ずしも必要ではないと返答。宮迫は「うちはもうコンビで…もういいですよって」とあいさつに来なくていいとの考えを示した。ここで松本が反応。「ていうか、いまコンビで同じ楽屋なん?」とツッコんだ。

 宮迫は、同局系「アメトーーク!!」の時は相方の蛍原と同じ楽屋で、ほかの番組では別だと述べた。

 松本は「一緒の楽屋っていうのが考えられへん」と声のトーンを落とし、低音でささやくように話した。「なっがいコンビで一緒の楽屋ってはずくない?」とダウンタウンとしては同じ楽屋は受け入れられないと話した。

 たむらが、どのタイミングで楽屋が分かれるのかを尋ねた。

 松本は「どのタイミングやろ。いっとき死ぬほど仲悪かったからな…」と話し、共演者はびっくり。ベッキーが「ダウンタウンが?!」とツッコみ、宮迫は「そんな時期ありました?」と驚いた。

 松本は「あいつの散髪したてとか。刈り上げの頭を見て後ろから殴ったろかって」と言って笑いを誘った。

 不仲だった期間を聞かれると松本は「けっこう…何年やろ…長かったよ。10年くらいあった。本当、この数年やで、気になれへんようになったの」と50歳を過ぎたあたりから関係が戻ったと述べた。たむらは「そうですか。全然わからへんかった」と応じ、松本は「楽屋一緒はいややわ」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス