文字サイズ

内場勝則、木村進さんしのぶ 涙で“ピンクの公衆電話”秘話明かす

 葬儀に参列し取材に応じる内場勝則
1枚拡大

 腎不全のため19日に68歳で死去した元吉本新喜劇座長で喜劇俳優の木村進(きむら・すすむ、本名同じ)さんの告別式が22日、大阪市内でしめやかに営まれ、落語家・桂文枝(75)、吉本新喜劇元座長の内場勝則(58)、元吉本新喜劇座長で元大阪市議の船場太郎氏(79)らが参列した。

 新喜劇で木村さんの後輩にあたり、「3年くらい」座員として一緒に活動した内場は、一番の思い出を聞かれると涙で声を詰まらせ、1989~90年の「吉本新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」でリストラ対象になった時のエピソードを挙げた。「当時のうめだ花月劇場の楽屋にいた時、(脳内出血で)入院中の木村さんからピンクの公衆電話に電話がかかってきて『リストラ対象になってるの見たけど、頑張れよ』と言ってくれた。自分が倒れても、見ていてくれているんやなと思った」と優しい人柄を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス