文字サイズ

松本も乱?加藤の乱に続き「全員芸人連れて出ますわ」“体制改善”吉本に迫る

 今度は“松本の乱”が勃発か!?お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55)が、28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)に出演。雨上がり決死隊・宮迫博之(49)らによる反社会的勢力からの金銭授受などの諸問題に揺れる吉本興業に対し、体制が改善されない場合「僕が全員芸人連れて出ます」と、退社する覚悟があると宣言した。また、同様に退社の覚悟を示している極楽とんぼ・加藤浩次(50)については「全く同じ気持ち」とし、対立関係を否定した。

 収束するどころか、さらに混迷を深め続けている吉本興業のお家騒動に、ついに松本もしびれを切らしたのか…。松本は「芸人が本当に一体となって、会社に改善してもらい、それから膿は全部…、何か悪い事やってるんやったら、正直に全部言ってくれと。そこをちゃんと明確にしないんやったら、もう僕が全員芸人連れて出ますわ」と言い切った。

 驚いた共演の東野幸治(51)が「本当ですか?」「真面目な話?」と問うと、「真面目です。はい」とキッパリ。「僕が連れて出るって言いましたけど、誰も付いてきてくれへん可能性もあるので」とジョークも交えたが、その目は笑っていなかった。

 松本は前週の21日、緊急生放送となった同番組で、同社の大崎洋会長(66)が辞任をほのめかしたことに触れ、「大崎さんがいなくなったら僕は辞めます」と宣言。現体制を保ったままの改善を望んでいた。

 だが、それから1週間を経ても、宮迫への契約解消処分が撤回され、その撤回がまた撤回される可能性が発表されるなど、事態は混乱の一途。松本は、具体的な退社への“引き金”については語らなかったが、ある程度の大ナタを振るう必要があると考えていることをうかがわせた。

 大崎会長と岡本昭彦社長(53)の体制が変わらなければ同社を退社する意思を示し、松本と意見が反しているとみられていた加藤にも「すぐ電話した」と説明。「加藤の方からも電話してくれるし、VS構造になっていない」と対立を否定し、「言っていることは全く同じ気持ちで、ゴールが少し違いはあるので、折衷案を探っている状態」とした。

 27日深夜には、松本同様にキーマンの1人と目される明石家さんま(64)が、騒動の長期化を予告した。松本も曖昧な決着に「NO!」を突きつけたことで、吉本は本格的に大改革を迫られることになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス