文字サイズ

岡村 宮迫は「ちょっと変わってしまった…」 悔しさ語る「何でやねん」

 ナインティナインの岡村隆史(48)が27日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜、25・00)に生出演。振り込め詐欺グループとの闇営業で謹慎処分となった「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)について、複雑な胸中を吐露した。

 岡村は、昔から、「若手の人や面白くても食べられへん人」たちが、自分で動いて自分で仕事を取ってくることがあり、それを「闇営業」ではなく「直営業」「直の仕事」と呼んでいたことを説明。「それがないと飯食えない人もいるんや、っていうことをどっかでちょっと分かっていただいたら」と話した。

 一方で、「宮迫さんとか(ロンドンブーツ1号2号の田村)亮とか、そういうとこ行かんでもええのに、仕事ちゃんとあんのに、行ってしまった。ウソついてしもた。アカンもんはアカン。ホンマになんでやねん、っていう思いなんですね」とやるせない思いを口にした。

 今回の問題発覚後、宮迫以外の処分タレント数人とは直接連絡をとり、「しんどくなったりしたら言うてな」などと声をかけたことを明かした岡村。1991年~99年、「吉本印天然素材」という若手ユニットで共に活動した雨上がりには特別な思いもある。ナイナイは若くしてブレークし、21歳で東京に進出。一方、雨上がりは「だいぶ泥水すすって、遠回りして遠回りして、今のとこまできた」と回顧。「20代、ずっと雨上がりさんと一緒にいましたからね。めちゃくちゃかわいがってもらったからこそ、悔しい思いもある。そんな人がこんなとこ行かなくても、全然よかったんや。でも行ってまうねん。ほんまに、腹立つわー」と悔しい思いを吐露した。

 そして「泥水すすって、なんとか頑張ってきたのに、仕事が増えたことによって、昔の宮迫さんより、なんかちょっと変わってしまった部分、ちょっとあるのかも分かれへん。宮迫さんと、ちょっと、なんか、距離ができたな、と思たこともあったし。なかなかプライベートでも飯食いに行くこともなくなってしまった」と、懸命に現在の地位を築いた宮迫に起きた“変化”を明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス