文字サイズ

千原ジュニア、宮迫&亮は「矢面に立って会見すべきだった」

千原ジュニア
1枚拡大

 お笑い芸人の千原ジュニアが25日、TBS系「ビビット」で、宮迫博之ら吉本興業所属の芸人が謹慎処分を科された問題で、吉本の決断は「妥当」とコメント。カラテカ入江慎也が契約解除された時点で、年長者の宮迫博之、田村亮は「会見をすべきだった」と持論を展開した。

 番組では、反社会的勢力の忘年会に事務所を通さず出席し、金銭を受け取っていたことが発覚した芸人に処分が科された問題を特集。同じく吉本所属の千原ジュニアは「決断は妥当」とコメント。そして「芸人が集まったら今はこの話題。正直笑いにもできない。被害者があって、その方から巻き上げたお金をということですから」と神妙な面持ちで語った。

 千原ジュニアは、入江が契約解除された時に、番組で入江について触れていたが、その番組後に入江から「しんどい思いをさせてすいません」というメールが届いたことも明かした。

 そして入江は契約解除で、宮迫らは謹慎という処分の違いについて「入江が解雇は、反社会的勢力と芸人を繋げたので当然」とした上で「でも一方で、1人の芸人が、いわば自業自得ですが、死んだ訳です。先輩である2人が矢面に立って質疑応答込みの記者会見を開くべきだったんじゃないかと。1人の芸人が死んでいるところでツイッターでとかラジオで一方的にというのは、先輩後輩という形からして、先輩としていかがなものか」と、宮迫、亮は会見を開くべきだったと持論を展開。

 宮迫が出したコメントの中に「間接的に」という言葉が出てきたことにも触れ「謝罪文でそんなこといらない。本当に申し訳ございませんでした、でいいじゃないですか。でもそれを言いたいけど言えない部分っていうのがそこに出てるという意味でも、今回謹慎処分を受けたと言う事でも記者会見して質疑応答して全てさらけ出した方が、今後復帰するためにも良かったんじゃないかと思う」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス