文字サイズ

宮迫博之 「断れば良かった」…詐欺集団の忘年会参加を悔やむ

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が24日、所属事務所の吉本興業から謹慎処分を言い渡された。大規模詐欺グループとの間で、事務所を通さずに仕事をする“闇営業”の形で関与したことなどが問題となり、吉本は「一定の金銭を受領していたことが認められた」と調査結果を公表した。宮迫は問題発覚直後に出演したラジオで、忘年会に参加したことを悔やんでいた。

 宮迫は問題発覚直後の11日にMBSラジオで放送された「アッパレやってまーす!」(火曜、後10・00)に出演。問題となった忘年会が2014年にあったことから宮迫は明確な記憶はないとしつつ、「反社会勢力の方が関係している所に行ったのは間違いない」と出席したことは認めた。

 仲介役となったカラテカ入江慎也について、「長い付き合いでよく知っている。あいつが知らないっていうのも絶対」と入江が詐欺グループとは知らなかったと話していることを信じる立場を示していた。

 それだけに宮迫は、「サプライズで来てもらったら盛り上がりますと言われて。知らんとこやし、やめとこと断れば良かった」と悔やみ、「調子乗りで顔を出すくせがある」と反省していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス