文字サイズ

山里、婚姻届提出時に「詐欺」疑われ即受理ならず マネジャー3人が代理人提出で

 女優の蒼井優(33)との結婚を発表した南海キャンディーズの山里亮太(42)が5日深夜に放送されたTBSラジオ「JUNK山里亮太の不毛な議論」で、改めてリスナーに結婚を生報告。その中で、3日に提出した婚姻届にまつわる秘話を明かした。

 山里と蒼井は6月最初の大安だった3日に婚姻届を提出。一部では都内区役所となっているが実は「東京の隣の県の役所に行ってます」と都内ではなかったと明かした。その理由について、3日が大安で「令和初のジューンブライド」ということで、都内の有名な区の役所では記者が張り込んでいる可能性があることなどを挙げ、絶対に5日の午後の発表まではばれないように細心の注意を払っていたと明かした。

 婚姻届を提出するために、2日の午後11時頃に山里、蒼井、2人のマネジャーで車で移動。夜に役所に入り、双方のマネジャー3人が代理人として書類を届けたという。

 役所の中の様子を2人でうかがっていたところ、日付けが変わって深夜12時過ぎに代理人が立ち上がり頭を下げている様子が見えたことから、山里は「入籍となったんだなと。蒼井さんと『よろしくお願いします』と頭下げて、すごいねとかなってた」としみじみしていたという。

 そこへマネジャー陣が戻って来たため、2人はお礼を伝え「不思議です。夫婦になれたんですね」と喜びを伝えたところ、マネジャー陣は複雑な表情を浮かべ「そうなんですけど、ちょっと、まだ、現時点ではちょっと受理できないと…」と言い出した。

 驚いた2人は理由を尋ねると「深夜に、代理人が3人で来るのは怪しいと。向こうの担当の方がはっきりと仰ったらしいんですが『正直、詐欺集団を疑っています』」と言われてしまったという。「なのでしっかり確認させて頂くまでは受理は(できない)」とされたが、その後無事に認められ、婚姻届を受理してもらったと明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス