文字サイズ

堀江美都子「キャンディは親友」 大ヒット当時はキャンディに嫉妬も…

堀江美都子
1枚拡大

 アニソンの女王と呼ばれる歌手の堀江美都子が27日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、大ヒットとなったアニメ「キャンディ・キャンディ」について「キャンディは親友」と曲への感謝を伝えた。

 堀江は「花の子ルンルン」や「ハクション大魔王」など、70年代から現在に至るまで、有名なアニメソングを歌い続けているレジェンド。そんな堀江の代表曲の1つが「キャンディ・キャンディ」だ。アニメ、原作マンガはもちろん、堀江の歌った主題歌も大ヒットした。

 だが当時の堀江にとっては「どんな歌を歌っても、“あのキャンディ・キャンディの”の次に堀江美都子とくる。私よりキャンディの方が有名だから、それがシンガーとして認められたいと思った年頃の時は一瞬、邪魔だった」と、キャンディの代名詞が付くことに抵抗感もあったという。

 芸能プロダクションからアイドルとしてデビューしないかという誘いもあった。基本的にアニソン歌手は顔は出ないことから、アイドルという言葉にもなびきかけたが「私より歌が上手い人は星の数ほどいる。私よりかわいい人も星の数ほどいるだろうけど、アニメソングの表現を他の人より私はできるだろうと思った」と、アニソン歌手を貫くことを決意。

 還暦を過ぎた今、「今や“親友”って言ってる。キャンディは親友」と断言。「絶対離れられない自分の代名詞だし、自分の代名詞があるなんてありがたいと思えるようになった。とてもとても大事な曲」と、キャンディ・キャンディへの思いを語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス