文字サイズ

小池一夫さんが肺炎で死去 82歳 「子連れ狼」「修羅雪姫」

 小池一夫氏(2006年撮影)
1枚拡大

 マンガ原作者で小説家、脚本家として活躍した小池一夫さんが17日に肺炎のため亡くなったことが19日、分かった。小池さんの公式ツイッターで明かされた。82歳。小池さんは「子連れ狼」などの代表作がある。ツイッターによれば、すでに葬儀は近親者で執り行われた。

 小池さんは秋田県出身。大学卒業後、さいとうたかを氏のさいとう・プロダクションに採用され、70年に独立し本格的に原作者デビュー。代表作となる「子連れ狼」「修羅雪姫」「クライングフリーマン」などを手掛けた。セックスとバイオレンスに満ちた作風が特徴。特に日本でもドラマ化され大ヒットした「子連れ狼」は米国でも出版され、大ヒットした。

 公式ツイッターには「かねてより入院加療中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」とつぶやかれている。

 小池さんは亡くなる直前までツイッターで、やはり亡くなった漫画家・モンキー・パンチさんを悼むコメントを投稿していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス