文字サイズ

たけし 陛下即位30年祭典祝辞でボケ連発「不届き者を2人も出したアウトレイジ…」

祝辞を述べに向かうビートたけし(左)。右は安倍晋三首相=国立劇場
1枚拡大

 ビートたけしが10日、国立劇場で開催された天皇陛下即位30年を祝う祭典「感謝の集い」で祝辞を述べた。

 紋付き袴姿で登場すると、まずはマイクに頭をぶつけるボケ。「え~祝辞。衆議院…あ、こっちじゃない」と別の書面を読み上げるボケを続けて、笑いを誘うと、「はにほへと…あ、こっちだ」とボケを連発。3年前のお茶会で両陛下と初めて接した際、「あなたの監督した映画を見ています」と述べられたことに触れ、「私の映画のことや身体(バイク事故のけが)のことまで知っていたんだと驚き、不思議な感動に包まれました」と話した。

 その上で「ただ、今、考えてみれば、両陛下がご覧になった映画が、不届き者を2人も出した『アウトレイジ3』でないということを祈るばかりです」と監督作「アウトレイジ」シリーズに出演した新井浩文被告、ピエール瀧被告が相次いで逮捕されたことに触れてここでもボケてみせ、笑いを起こす異例の祝辞となった。

 たけしは60年前のこの日に行われた成婚パレードに亡き母と群衆に交じって見たといい、その時の思い出も述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス