文字サイズ

ピエール瀧被告 所属事務所がマネジメント契約解除、東京地検が起訴

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で2日に起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が、同日、所属事務所とのマネジメント契約を解除された。

 ソニー・ミュージックアーティスツが公式ホームページで公表した。同社は「ピエール瀧が麻薬および向精神薬取締法違反で逮捕されたことについて、関係各所の皆様、ファンの皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます。本日、2019年4月2日に、ピエール瀧が上記違反により起訴されたことを受けまして、ピエール瀧とのマネジメント契約を解除いたしました。なお、本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」との文書を掲載した。 東京地検はこの日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で、ミュージシャン、ピエール瀧容疑者を起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状によると、3月12日ごろ、自宅とは別の世田谷区内にあるマンションの一室で、コカイン若干量を吸引したとしている。

 瀧被告は3月12日、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。麻薬取締部は韓国のウォン紙幣を押収。筒状に丸めて吸引に使ったとみている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス