文字サイズ

GLAY×EXILE再結成してぇ!GLAY故郷北海道でAOSツアー締めた

 EXILE TAKAHIRO(34)、GLAY・HISASHI(47)らによる4人組ロックバンド「ACE OF SPADES」(AOS)が23日、札幌市内で、初の全国ツアーの最終公演を迎えた。GLAYのTERU(47)とTAKURO(47)が特別出演しコラボ唱。TAKAHIROが加入前の2005年に、期間限定で活動したユニット「GLAY×EXILE」の再結成を、こぞって熱望した。

 あこがれのボーカリストと力強い歌声を重ねて、TAKAHIROが“ロックシンガー”としての初ツアーを締めくくった。学生時代は妹とライブに行くほどのGLAYファン。メンバー2人のゲスト参戦に、「僕としては客席で楽しみたい。腕を振り回して!!」と気持ちの高ぶりを抑えきれなかった。

 アンコールで05年に「GLAY×EXILE」として唯一リリースしたシングル「SCREAM」を熱唱し、TAKAHIROは「ヤバいでしょ!?GLAYの比率が高すぎる」と大興奮。地元・北海道で黄色い歓声を浴びたTERUも「楽しいね」とご満悦で、それぞれのヒット曲である「グロリアス」と「Rising Sun」でも2000人を熱狂させた。

 HISASHIは「GLAY×EXILE」の再始動にも、「『SCREAM』の時とメンバーが全く違うので、初めてのセッションになるかもしれませんが、他の楽曲もやってみたい」と前向き。前回の活動時にはデビュー前だったTAKAHIROは、「大好きな2大巨頭」と熱視線を向けていたといい、「新しいモノもできれば」と“新曲”を心待ちにした。

 AOSとしてもファイナルらしく完全燃焼し、12年のデビュー曲「WILD TRIBE」や、アルバム「4REAL」の収録曲「Vampire」など18曲を畳み掛けた。2月26日から5都市7公演をこなしたが、会場はすべてライブハウス。初日2週間前までTAKAHIROはEXILEのドームツアーを回っており、一転してのファンとの“至近ステージ”を、「一人一人の表情が見える距離で裸一貫、勝負する感じでした」と満喫していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス