文字サイズ

上田まりえ 自律神経障害を告白「5時に夢中!」手が震えた

 バトンを渡すリレーのポーズをとる上田まりえ(左)と鈴木あきえ=東京・文化放送
1枚拡大

 フリーアナウンサーの上田まりえ(32)が19日、文化放送の定例社長会見にゲストとして出席。レギュラー番組のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金、後5・00)の出演を2月から取りやめている理由を「自律神経障害」と医師から診断されたと明かした。

 上田は「『-夢中!』のスタジオに入った時間だけ、右手が震える症状が出てしまう。かなり激しい動きで、テレビ画面を通して見ていただける状態ではない」と具体的に説明した。「なぜこうなったのか、自分でも悔しい。番組ファンの方に何も説明できていない」と唇をかむ一方で、「番組も出演者も大好き」と“不仲説”を否定した。

 また所属事務所を3月いっぱいで退社し、フリーで活動するが、「昨年2月に個人事務所を作っていて、1年じっくり話し合ってきた」と体調不良とは無関係と強調した。上田は「-夢中!」は降板。文化放送で4月1日スタートの新情報番組「なな→きゅう」(前7・00)の月~木曜パーソナリティーに就任する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス