文字サイズ

「5時夢」休養の上田まりえ 悔しいのは「何も説明ができていないこと」

 自律神経の障害を明かした上田まりえ=文化放送
会見で笑顔を見せる上田まりえ(左)と鈴木あきえ=文化放送
バトンを渡すリレーのポーズをとる月~木担当の上田まりえ(左)と鈴木あきえ=東京・文化放送
3枚3枚

 タレントの上田まりえが19日、ラジオの文化放送で4月1日から担当する新番組「なな→きゅう」(月~金、前7・00)の月曜から木曜を担当するパーソナリティとして、金曜担当の鈴木あきえと同局での会見に出席した。「自律神経障害」のため休演しているTOKYO MX「5時に夢中!」を3月いっぱいで降板するが、体調が降板の理由ではなく、「タイミングが重なってしまったところが苦しいところ」と胸の内を明かした。

 今回、体調を崩したことと、「5時に夢中!」を降板すること、そして文化放送の「なな→きゅう」パーソナリティを務めることに関連性はないとしている。この日も上田は「卒業するというタイミングと休養するというところはまったく別物だったのにそこが重なってしまった」とした。

 ただ、結果として、2月18日から番組を休んでいることを自身の口で説明できずにいた。「何が一番もどかしくて悔しいかというと、見てくださっている視聴者の方に対して何も説明ができていないということ、自分のことを応援してくださっているファンの方にも何も説明が出来ていないということ」などと思いを述べ、「何かの形できちんと自分の言葉でちゃんと御挨拶をしたいと思っています」と希望した。

 ある日、タクシーに乗ったところ「下ネタが嫌だったから辞めちゃったの?」と声をかけられたことがあったというが、「下ネタは大好物なので」と完全否定。「番組が嫌になったとか、何か出演者の方と何かあったとか、まったくそういうことではなくて」とした上で、「はやく元気な姿をきちんと皆さんにお見せしたいなと思っています」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス