文字サイズ

渡辺謙 ノーベル賞のイシグロ氏から「好きなようにやって」と激励

 俳優・渡辺謙(59)が15日、都内で、NHKの主演ドラマ「浮世の画家」(BS8K=24日後9・00、総合=30日後9・00)の試写会に、広末涼子(38)、寺田心(10)と登場した。

 原作は、長崎出身の英国人作家で、2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏(64)の初期作品。昨年夏にロンドンで上演した主演舞台「王様と私」を、イシグロ氏が観劇に訪れ、楽屋で対面したという。終演直後で興奮気味のイシグロ氏からは、「原作はお渡ししたので、とにかく自由に好きなようにやって」と激励されたことを明かした。

 ドラマ化したイシグロ文学について、「5歳まで日本にいらっしゃったけど、思考回路は完ぺきにイギリス人の感覚。小津安二郎だったり日本の古い映画や文献を、頭に入れて書かれている。文体は非常に難しい」と印象を説明。演じたのは、戦後の復興の中で過去の影におびえる有名画家で、「カズオ・イシグロさんの世界観のフレームを認識し、的確にやろうと思いました」と“役作り”を振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス