文字サイズ

舛添要一氏 芸能人の不祥事発生時、作品はどうすべきか…「中止する必要はない」

 舛添要一氏
1枚拡大

 元東京都知事の舛添要一氏が14日、ツイッターで、芸能人が不祥事を起こし、その影響で出演した映画等の作品がお蔵入りになることについて、「中止する必要はない」と持論を述べた。

 舛添氏は「不祥事を起こした芸人が参加している作品、公共の電波ではクレームも出ようが、切符を買って視聴する映画、芝居、コンサートなどは、嫌なら行かなければよいので公演を中止する必要はない」とテレビ番組と劇場公演とは分けて考えるべきだと指摘。

 「宗教国家ではあるまいに、どの分野でも過剰な道徳は豊かな創造力を殺ぐ。道徳は優秀な才能を窒息させる」とツイートした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス