文字サイズ

清原亜希 雑誌の修正実態に疑問 脚まで

モデルの清原亜希
1枚拡大

 モデルの清原亜希(47)が11日、フジテレビ系で放送された「ぼくらの時代」にモデル・佐田真由美(38)、滝沢眞規子(37)とともに出演。ファッション雑誌で当たり前になっている“修正”の実態について疑問を呈した。

 清原は長男(13)、次男(10)の2児の母。佐田には長女(6)、次女(4)が、滝沢が長女(12)、長男(8)、次女(7)と3児がおり、ママモデルとしてすっぴんトークを繰り広げた。

 佐田が「今、すごいきれいに直してくれたりする」と雑誌の修正の実態について切り出すと、清原は「雑誌見た時に、『あ、これ私じゃない』って」思う時があることを告白。佐田が「あらま、こんなかわいくしてもらっちゃって。脚とか細くなっちゃったり」と顔の修正だけでなく、脚の細さも修正している実態を笑顔を浮かべて明かした。

 清原は「あるー!」と同調し、「あれ?アタシ、脚長くなったかな、って」と脚修正の経験を告白。「子供の目がすごく冷静で。『ママがやってるのはウソつきだね。偽りの“偽”だよ』って言うの」と子供に指摘されることを伝え、「シミとかさ、なるべく消さないで、とか言ったりする」と編集の際に修正しないよう要望していることを明かしていた。

 清原は昨年9月に元プロ野球選手・清原和博との離婚を発表。この日の番組では夫婦ゲンカについて「私はけっこう言うかな」、夫については「お父さんは背中を見せてくれる人でいいのかな」などと語った。また、子供が自身より身長が高くなったこと、長男が変声期を迎え、声変わりしたことなどを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス