文字サイズ

井ノ原&上戸 ドラマ初共演で夫婦役 5人の孤児を引き取り育てる

 V6・井ノ原快彦(42)が、フジテレビ系で放送されるカンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」(3月26日夜放送)で、女優・上戸彩(33)とドラマ初共演することが17日、分かった。

 第二次世界大戦中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取り育てた夫婦を描いた作品。井ノ原は主人公・鈴木重三郎を、上戸は妻・誠子役をそれぞれ演じる。孤児を迎え入れたことで次第に笑顔が増え、感情豊かになる父親を演じた井ノ原は「家族の温かさについて絶対共感できることが、随所にちりばめられたドラマ」と自信を見せた。

 上戸とはバラエティー番組などでは何度も共演しているが、俳優としては初共演。「頼もしくて優しくて、僕よりもずいぶん年下なのに、自分のお母さんみたいに見えるときがありました」と全幅の信頼を寄せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス