文字サイズ

松本穂香 冬のヒロインに決定 今日俺!伊藤健太郎とW主演 JR SKISKI

撮影秘話を語った松本穂香=東京ステーションホテル
CMと同じスキーウェアで登場した松本穂香=東京ステーションホテル
CMと同じスキーウェアで登場した松本穂香=東京ステーションホテル
CMと同じスキーウェアで登場した松本穂香=東京ステーションホテル
CMと同じスキーウェアで登場した松本穂香(右)と伊藤健太郎=東京ステーションホテル
CM撮影秘話を語った松本穂香(右)と伊藤健太郎=東京ステーションホテル
6枚6枚

 女優の松本穂香(21)が「JR SKISKI」キャンペーンのイメージキャラクターを務めることが決定し、20日、都内で行われた記者発表会に登場した。2018-19年シーズンは俳優の伊藤健太郎(21)とダブル主演の形でテレビCMやポスター、パンフレットなどに登場する。

 同キャンペーンのキャラクターは、これまでに本田翼(26)、川口春奈(23)、広瀬すず(20)、山本舞香(21)、桜井日奈子(21)とそうそうたる女優、モデルが務めてきた。松本は「毎年楽しみに見てました」と視聴者の立場だっただけに、出演者としての抜てきに「信じられなかったです。こんなすてきなCMに出させていただいて。ヒロインに選んでいただけて本当にうれしいです」と喜んだ。

 撮影は今年の11月末から12月上旬にかけて行われたが、実はスノーボード初体験。「運動がすごく苦手で、絶対できないと思ってたんですけど、気がついたら“あ、できてる”って」と思わぬ才能を発揮し大喜びだった。

 共演の伊藤もこれには「監督が最初に『みんなで滑ってるところを撮りたい』って言ってて、正直できないんじゃないかなと思ってたんですけど、最後にできてたんですよね」と驚いたようだった。

 CMは「この雪には熱がある」というキャッチコピーで、4人組バンド・sumikaの楽曲「ホワイトマーチ」をバックに20代の若者たちがスノーレジャーを満喫するもの。男性目線、女性目線それぞれのバージョンで、雪の中で距離を縮める姿が描かれている。小学生のころからスノボの経験がある伊藤のテクニックを目の当たりにした松本は「かっこいい。気になる人だったら好きになっちゃいますよね」と絶賛だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス