文字サイズ

平尾昌晃さん次男・亜希矢さん「4人一枚岩に」 ドロ沼遺産バトル収束へ決意

 昨年7月に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の60億円ともいわれる遺産を巡って、平尾さんの三男の歌手・平尾勇気(37)と、平尾さんの3度目の結婚相手の妻・Mさんが泥沼バトルを展開している騒動について、次男の亜希矢さんが27日、デイリースポーツの取材に応じ「(3兄弟とMさんの)4人一枚岩になって仲良くやっていけるよう、僕が頑張っていかないといけない」と決意を明かした。Mさんに取材を申し込んだところ、亜希矢さんが対応した。

 勇気が、著作権料支払い書類の名義問題や、事務所の株問題などを告発し始まった騒動。26日には平尾昌晃音楽事務所と著作権管理会社(以下、F社)の株主総会が行われた。

 株主総会前には“兄弟会議”が行われ、亜希矢さんは勇気のMさんへの感情にまかせた口ぶりを「冗談じゃない」といさめたという。「いきすぎていると思う。父の作品、ブランドを守っていくという方向に、みんな強い気持ちが一緒にある。1対1対2となっている考え方の違いを取り除いていきたい」と勇気、Mさんと長男&次男の図式を変えていきたいとした。

 F社の代表取締役だったMさんは株主総会で代表を退任、取締役にも選任されなかった。亜希矢さんは「来週、雑誌にMさんのパワハラ疑惑が載るという話を聞き『就任しない方がいいよ』という話をした」と説明。「(株の問題を含むMさんの)疑惑を解明し、問題ないということになれば動きがある」とし、「個人的には、勇気もMさんも守っていきたい」と中立の立場を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス