文字サイズ

小野寺昭 北アルプス山荘で転倒しヘリ搬送 くも膜下出血も2週間で退院へ

俳優の小野寺昭
1枚拡大

 俳優・小野寺昭(74)が7日午前4時45分ごろ、長野県の北アルプス燕岳(2763メートル)の山荘内で転倒し、ヘリコプターで救急搬送されたことが分かった。所属事務所への取材によると、2週間ほどで退院できる見込み。

 小野寺は山荘の階段で足を踏み外し、頭を打ったという。ヘリコプターで救助され、同県松本市内の病院に搬送された。外傷性くも膜下出血と診断されたが、意識があり、軽症とみられる。事務所関係者は「現在入院していますが、2週間ほどで退院できると聞いています」とコメントした。

 小野寺は、70年代、ドラマ「太陽にほえろ」の『殿下』役で一躍人気者に。その後も気品のある名優として数多くのドラマや映画に出演している。50歳を過ぎてから趣味の登山に本格的に取り組み、2014年には日本百名山の60座を達成するなど、山登りのベテランとして知られる。

 BSフジでは「絶景百名山」(不定期放送)のナレーションを担当。現在放送中のNHK BSプレミアムのドラマ「捜査会議はリビングで!」に出演しているが、撮影は終了している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス