文字サイズ

小泉進次郎氏がスカジャン姿で横須賀愛を猛アピール!出演作「スカブロ」PR

スカジャン姿で横須賀愛を語る小泉進次郎氏=東京・新宿のK’s cinema
スカジャン姿で登壇した小泉進次郎氏(右)と矢城潤一監督=東京・新宿のK’s cinema
2枚

 横須賀発の映画「スカブロ」の公開を記念したPRイベント「横須賀ナイト」が23日、都内の映画館「K’s cinema」で上映前に行われ、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が左胸に虎が刻まれた緑色のスカジャン姿で登壇し、地元である横須賀への愛着をアピールした。

 小泉氏は「地元は“横浜の横須賀”なんですねと聞かれることがある。別ですよ!と言うと、そうなの?と。もっと横須賀を盛り上げなければ」と使命感に燃え、神奈川県横須賀市を舞台にした同作に本人役で出演。兄の俳優・小泉孝太郎との共演で“映画俳優デビュー”を果たした。

 同作では、兄弟役で主演を務める窪塚俊介とRUEEDの母役・黒田福美がさりげなくスカジャンを着ていたシーンが好きだという小泉氏。「スカジャンは横須賀の大切なアイテム。おじいちゃん、おばあちゃんも着ている街が大好き」と語る一方で、「僕の場合は戦闘服。スカジャンを着ると選挙モードに切り替わる」と一瞬、政治家の顔も見せた。

 また、自身の銀幕デビューを踏まえて「改めて小泉孝太郎はすごいと思った」と心情を吐露。「役者は台本を自分の中から出てきたかのように出すのが仕事。僕は自由に発言できる方が気持ちが入る。僕にはできない」と、台本を自分の言葉のように発する兄に脱帽していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス