文字サイズ

北野武 「日本映画の最悪な点」を指摘

 タレントのビートたけしこと映画監督の北野武(67)が25日、都内で開催中の第27回東京国際映画祭で、新設の「SAMURAI賞」受賞記念イベントに登場した。たけしは若手監督からの質問を受ける形で、日本映画界に向けた毒ガスエールを噴出した。

 「小渕優子です」とボケながら登場したが、日本学生映画祭などの受賞監督から質問を受けるとギアチェンジ。日本映画を痛烈に批判した。

 「日本映画の最悪な点は映画製作会社が映画館も経営していること」と指摘。日本アカデミー賞最優秀作品賞が大手から選ばれることが多いことについて「東宝、東映、松竹…たまに日活。全部、持ち回りなんだよ。こんなばかなことはない」と疑義を呈した。

 若手監督には「ちゃんとした映画を撮ってほしい。大きな映画会社に巻き込まれないで下さい」と助言した。

 映画の商業性について聞かれると「俺はアニメが嫌い。宮崎駿なんて本当に嫌い。でもあれだけ稼いでいる。嫌なものもすごいと認める頭も必要かな」「俺は暴力映画ばかり作ってるけど、お客が入るからってだけ。嫌だなと思うけど妥協も必要」と現実的に判断していることを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス