文字サイズ

「大迫半端ない」生みの親に取材殺到も…会社員で仕事優先 春菜「取材半端ないになる」

 サッカーワールドカップ・コロンビア戦で勝ち越しヘッドを決めた大迫勇也の“半端ない”伝説が各メディアで取り上げられているが、「大迫半端ない」の生みの親でもある滝川第二高の中西隆裕さんに取材が殺到していることが21日に日本テレビ系で放送された「スッキリ」で明かされた。

 番組では、コロンビア戦で一躍ヒーローとなった大迫を特集。その中で「大迫半端ないって」のルーツとなった高校サッカーでの中西さんのインタビュー映像も流され、当時の滝川第二高監督の栫裕保教諭にもインタビューを行った。

 栫教諭は、これだけの騒ぎになっていることから、コロンビア戦後に中西さんに電話で連絡をとり「大丈夫か?」と聞いたという。すると中西さんは「ご迷惑をお掛けしてます」と恐縮していたという。現在はサッカーを離れ会社員として働いていることから、仕事のため取材は一切断っているという。

 これにMCの加藤浩次は「(中西さんは)いい顔してる。関西の子だから悔しさも笑いにしてる」と語り、「一般で働いているんで、写真は使わせてもらってるけど、取材とかはしないでくれと」と中西さんの立場を慮った。近藤春菜も「1回取材受けちゃったら、取材半端ないってなる」と、理解を示していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス