文字サイズ

西城秀樹さん妻「看病できて、最期に立ち会えてよかった」

取材に応じる小川知子=神奈川・横浜市内
取材に応じた小川知子=神奈川・横浜市内
2枚2枚

 歌手の西城秀樹さん(享年63)が16日に亡くなったことを受け、プライベートで親交が厚かった女優・小川知子(69)が17日夜、神奈川・横浜市内で取材に応じた。関係者に支えられた小川は目に大粒の涙をため、まず、美紀夫人から託されたメッセージを報道陣に伝えた。

 西城さんとは家族ぐるみの付き合いだった小川。美紀夫人、西城さんの3人の子供とご飯を食べたり、自宅に招くなど、親しく交流していた。会見に応じるにあたり、美紀夫人からメッセージを託されてきたことを説明し、「倒れて、入院してから2、3週間、毎日病院で看病できたことがすごく幸せだった。子供たちも最期に立ち会えたことが良かったと思います。(亡くなった実感がなく)まだ夢のようです」と夫人の胸中を伝えた。

 西城さんは4月25日、家族の前で倒れて入院。そのまま意識が戻ることなく息を引き取った。

 取材前に弔問し、西城さんと悲しみの対面をしてきたという小川は「アイドルの一番の時のような顔をしてました」と表現。西城さんに「秀樹…みんなのこと心配しなくていいから、よく頑張ったね。お疲れさま。かっこいいね」と言葉をかけてきたことを明かした。

 西城さんは01年5月に会社員だった18歳年下の美紀さんと結婚。1女2男にめぐまれた。03年、11年と2度の脳梗塞で身体には麻痺が残ったが、西城さんは「(子供たちを)追っかけていけるように、走れるようになりたい」と話していたという。この思い出を語り始めると、小川はこらえきれずに涙。言葉に詰まりながらも「愛してるよ…。かっこいいよ、秀樹。あの世でもモテるだろうから気をつけなさい」と空を仰いだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス