文字サイズ

福田次官それでもセクハラ否定「該当しない」テレ朝女性社員が被害者と公表も…

 福田淳一財務事務次官によるセクハラ疑惑でテレビ朝日は19日未明、記者会見を開き、同社の女性社員がセクハラの被害者だと公表した。福田氏と会食したこの社員が会話を録音、週刊新潮に提供したことも明らかにした。テレ朝の篠塚浩報道局長は「セクハラは事実だと考えている」と述べた。一方で福田事務次官は同日、取材に応じ「同社がどういう調査をしたか知らないが、(会話の)全体をみればセクハラに該当しないことは分かるはずだ」と述べ、改めて自らのセクハラ疑惑を否定した。

 福田事務次官は19日朝、テレビ朝日の会見を受け、都内の自宅前で記者団の質問に応じた。インターネット上で公開された音源では女性の声が伏せられていることから、「(会話が)一部しかない。全体をみてほしい」との主張を繰り返した。

 「女性社員に言うことはないか」との質問には無言。セクハラを否定しながら辞任する理由を問われると、「こういう(報道陣が集まる)状況になってるから、仕事にならないんで辞めるということだ」と答えた。

 テレ朝によると、女性社員は1年半ほど前から数回、福田氏と会食、そのたびにセクハラ発言があり、身を守るために録音していた。今月4日の会食でも会話を録音。セクハラの事実を報じることを上司に相談したが、上司は「難しい」と伝え、女性社員はこの録音データを週刊新潮に提供した。

 テレ朝は「適切な対応ができなかったことを反省している」とした上で「社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で、遺憾」と表明した。女性社員は「不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認されるという強い思いから週刊誌の取材を受けた」と話しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス