文字サイズ

ラストアイドル・吉崎 卒業発表で涙…「夢を見させて下さった時間に感謝いっぱいです」

卒業を発表した(左から)古賀哉子、吉崎綾、王林=東京・台場
1枚拡大

 テレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」(土曜、深夜0・10)から誕生したアイドルグループ・ラストアイドルが18日、都内で「ラストアイドルファミリー2ndシングル発売記念コンサート in Zepp DiverCity」を行い、吉崎綾(21)と古賀哉子(20)、王林(20)が6月いっぱいで卒業することが発表された。

 アンコールで卒業発表がされると会場は「え~!」と悲鳴の声が飛び交った。吉崎は「1年前の上京したての私からしたら今の状況は考えられないこと。夢を見させて下さった時間に感謝いっぱいです」と涙を流した。

 卒業後、古賀は女優を、王林は兼任している青森県弘前市を拠点に活動しているアイドルグループ・りんご娘として、夢を追いかけていくという。吉崎は芸能界は引退しないというが「次の夢にむかいます」と語り、今後の活躍を誓った。

 アンコールでは卒業をする3人でデビューシングル「バンドワゴン」を涙ながらに歌唱。この日、グループ全体ではアンコール含む全25曲を披露し、2000人の観客を盛り上げた。

 ラストアイドルファミリーは「シュークリームロケッツ」「Good Tears」「Love Cocchi」「LaLuce」「Someday Somewhere」の5つのユニットから構成されるグループ。吉崎と古賀は「LaLuce」、王林は「Good Tears」に所属している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス