文字サイズ

すみれ 日本のバラエティーへの嫌悪感「バカキャラ作ってた」「疲れた」

すみれ
1枚拡大

 女優・すみれ(27)が18日、フジテレビで放送された「梅沢富美男がズバッと聞きます!」に出演。日本のテレビのバラエティー番組への嫌悪感を明かした。すみれは2016年秋に日本での芸能活動を突然休業したが、その理由を巡ってさまざまな憶測を呼んでいた。

 すみれは俳優・石田純一を父に、女優・松原千明を母に持ち、大学を休学して芸能界に本格デビューした。その後は有名人の2世としてバラエティー番組に引っ張りだこになったが、「ずっと芝居してましたね。(画面上は笑ってるけど)笑ってない、ずっと笑ったふりだった。バカキャラを作ってた」と告白。“偽りの自分”を作ってテレビに出ていたことへの嫌悪感を告白した。

 また、「本当は低い声だけど、日本にいたら、みんなアニメみたいな(高い)声だから、変えなきゃいけないのかな」と“日本のテレビ仕様”に声の高さすら変えていたことも明かした。

 そんな日本での生活で、16年に精神的に限界に。「精神面も疲れちゃって。(私を)分かってくれない、どうすればいいのかな、ってすごい悩んでました」と吐露した。

 16年10月にコンサートの出演を中止し、その後は体調不良を理由に日本では活動休業状態に。現在はロサンゼルスを拠点に、日本での貯金を切り崩しながらハリウッド女優を目指し、オーディションやレッスンを受ける日々を送っている。「今の間に頑張ってみたいな、やりきってみたいな、と」と瞳を輝かせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス