文字サイズ

そらジロー「ニワトリじゃない」 生みの親が誕生秘話明かす

 気象予報士の木原実氏
1枚拡大

 「news every.」など日本テレビでおなじみの天気予報のマスコットキャラクター「そらジロー」の誕生秘話が18日に放送された同局系「1周回って知らない話」で明かされた。

 この日はNEWSの小山慶一郎ら「-every.」レギュラーが出演。2007年から登場するようになったが、当時、お天気コーナーのプロデューサーだった林恭子氏は「当時、(ひこにゃんとか、せんとくんとか)ゆるキャラブーム。あれに便乗しようかな」と思ったことを告白。まず、気象情報センターの仲でキャラクター会議を開き、各自が描き合ったキャラクターを持ち寄った。そらジローはADの男性が描いたものだったという。

 黄色いボディーに赤いトサカのようなものがついており、ニワトリ説が出ることもあるが、“生みの親”である林氏は「お天気が好きな怪獣。ニワトリじゃないんですよ」と説明。確かに、トサカのように見えたものは、しっぽまで続く背びれになっている。

 ではなぜ「ジロー」なのか。林氏は「タローじゃないよね。タローみたいに正面切った名前じゃなくて、ちょっと脇にそれた感じ」ということで、ジローに決まったことを笑顔で明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス