文字サイズ

鈴木愛理 再出発「15年目の新人」 ℃-uteメンバーも来場 21曲熱唱

 元℃-uteで歌手の鈴木愛理(23)が10日、Zepp Tokyoでライブを行った。昨年6月のグループ解散後、ソロに転向した鈴木は、会見で「アイドルでの活動をすべて生かしながら、『15年目の新人』として再出発します」と宣言した。

 公演では、6月6日発売のソロデビューアルバム「Do me a favor」収録曲「未完成ガール」や、℃-ute、活動休止中のBuono!の曲など全21曲を熱唱。同い年の米大リーグ・エンゼルスで活躍中の大谷翔平選手(23)を「意識する」といい、℃-uteで磨いたダンス曲、Buono!で培ってきたバンド曲を「二刀流な感じで」披露し、2100人を熱狂させた。矢島舞美(26)、岡井千聖(23)ら℃-uteメンバーも来場した。

 7月9日には東京・日本武道館でライブを行う。℃-ute時代の2013年9月の初武道館公演を「初めて夢がかなったと思った」と振り返り、「もう1度、あの時の気持ちを思い出して頑張りたい」と気合を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス