文字サイズ

上沼恵美子 消えるタレントの法則語る

上沼恵美子
1枚拡大

 お笑いタレントの上沼恵美子(61)が29日、自身がMCを務めるカンテレのバラエティー番組「快傑 えみちゃんねる」(後7時))に出演し、「消えていくタレントの法則」を明かした。芸能界で40年以上も活躍してきたベテランの言葉にゲストは驚きながら聞き入った。

 上沼は番組冒頭、「この番組も22年。恐ろしいな~」と長寿となったことに感無量の表情。「どれだけのゲストがいらっしゃったんでしょう」と述べると、「消えていった方、亡くなった方、飛んでいった方」と指を折り、最後に「感じの悪かった方」と言って笑いを誘った。

 上沼は続けて、「22年やってきたから一つ言わせてもらいます。感じ悪い人は…」と一瞬の間を置き、「消える!」と断言した。「本当にマネジャーと言ってるんですよ。感じ悪かったな、今日の子はと。次の年にはおらへん」と芸能界からいなくなってしまうことをあげた。大沢ケイミが驚いて口に手を当てた。

 上沼は「だからゲッツって言う人は感じいいから、まだおるでしょ」とダンディ坂野のネタのしぐさをしながら、ほめそやした。「おるっていう言い方もなんやけど。(ダンディは)CMも出てますやん。言ってしまえば、なんの芸もないですやん。でも、感じがいい」とダンディが一発屋ながら生き残っている理由を分析してみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス