文字サイズ

日高晤郎さん死去 74歳 STVラジオ看板パーソナリティ 35年生放送続ける

日高晤郎氏
1枚拡大

 ラジオパーソナリティの日高晤郎さんが3日、悪性腫瘍のため亡くなったことが分かった。74歳だった。長年ラジオ番組を放送していたSTVラジオの公式HPで発表された。

 日高さんは78年にSTVラジオで番組を担当して以来、40年に渡って同局の看板パーソナリティとして活躍。83年に始まった「ウイークエンドバラエティ日高晤郎ショー」は今年まで35年、毎週生放送を続けていた。

 公式HPによると、日高さんは病気療養中だったが「悪性腫瘍(脂肪肉腫)により4月3日、午前10時48分、永眠いたしました。享年74歳でした。心から哀悼の意を表しますとともに、生前に賜りましたご厚誼に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」とつづられ「1978年34歳の時にSTVラジオの番組を担当して以来、40年間に渡ってSTVラジオの看板パーソナリティとして活躍されてきました。1983年39歳の時にスタートした『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』では歯に衣着せぬ語り口が人気を呼び、以来35年間に渡って毎週9時間の生放送を続けてこられました」と紹介。

 今年に入ってから悪性腫瘍が見つかったといい通院していたというが「本人の強い意志により、先月までステージの司会進行、番組出演などを精一杯こなしてこられました」とギリギリまで仕事を続けていたが、この日の朝に容体が急変し、亡くなったという。

 日高さんはラジオパーソナリティの他にも洋画の吹き替えで「007ゴールドフィンガー」「007ロシアより愛を込めて」のショーン・コネリーの声なども務めた。道民にとっては週末を知らせる“声”だったことからネットでは「ぽっかり空いた穴をどう埋めればいいのか」「楽しい放送をありがとうございました」など惜しむ声が殺到していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス