文字サイズ

藤井六段が4連覇懸けて詰将棋回答選手権に出場 カジュアルスタイルで登場

詰将棋を解く藤井聡太六段=名古屋市内
詰将棋の問題を考える藤井聡太六段=名古屋市内
2枚2枚

 最年少棋士の藤井聡太六段(15)が25日、名古屋市内で行われた「詰将棋回答選手権 チャンピオン戦」に出場した。これまで、3連覇しており、大会史上初の4連覇を果たすか注目される。

 この日、東京、名古屋、大阪の3会場で同時開催され、プロ棋士を含む100人以上で争われる同大会。藤井六段は、公式戦対局時のスーツ姿と違って、カジュアルな装いで参加した。

 この日は午前に第1ラウンド、休憩を挟んで午後から第2ラウンドを行い、夕方には結果が判明する見通し。

 藤井六段は小学6年生時に同大会で最年少優勝を果たし、現在3連覇している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス