文字サイズ

大杉漣さん代役、寺脇康文 日テレ「正義のセ」

 2月21日に急逝した俳優・大杉漣さんが出演予定だった日本テレビ系連続ドラマ「正義のセ」(4月11日スタート。水曜、後10・00)の代役に、俳優・寺脇康文(56)が決まったことが10日、分かった。吉高由里子(29)演じる主人公の頼れる上司で、横浜地検港南支部長の梅宮譲(ゆずる)役を演じる。

 大杉さんとドラマで共演経験がある寺脇は、「演技に対して真しで、器の大きな大好きな先輩でした」と大杉さんを偲び、「心を込めて務めさせていただきます」と熱演を誓った。

 吉高とは同局系「美丘-君がいた日々-」(10年)で親子役で共演。「また共演できるのはうれしい限り。皆さんと力を合わせて頑張りたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス