文字サイズ

死んでもいいくらい役に命を注ぎたい…清野菜名の後輩・芋生悠(3)

初の写真集を手にする芋生悠=神戸市内
3枚

 女優・芋生悠=いもう・はるか=(20)のファースト写真集「はじめての舞台」が2月に発売された。若い女性芸能人の写真集だがアイドル的な作りではなく、タイトル通り昨秋、「欲浅物語」で初舞台を踏んだ際のドキュメンタリー写真集だ。初舞台の写真集ながら、裏表紙に自筆で「夢 映画の中で死ぬ。」としたため、人気・実力ともに若手女優のトップクラスにいる清野菜名(23)の後輩でもある新進女優に聞く、その(3)。

  ◇  ◇

 -写真集の題字は自筆ですね。

 「書道も小1から12年とか、それくらいです。師範を持っていて。編集部さんから、題字書いてみたらって言われて。何で書きたいかとかは全然自由なのでって言われたので、書道で書きたいですって。字の方が目立ってるくらいの勢いなんですけど、写真集の中でこういうのも全くないと思うので、新しいですよね。母の姉が書道の先生をやっていて、母の姉にずっと教えてもらってたんですけど。30回くらい書き直した中の一つで。ホントに厳しく、『全然ダメ』って言われて」

 -「はじめての舞台」なのに、裏表紙の言葉が「夢 映画の中で死ぬ。」です。

 「死ぬ役だったらその場で死んでもいいくらい、役に命を注ぎたいなっていう気持ちですね」

 -舞台、ドラマ、映画だと、何が一番好きですか。

 「映画ですね。映画は役者を始めてから見始めたんですけど。熊本が、私の住んでる地域とか映画館が一つもないんですよ。上京してから鬼のように見だして。1日に20本くらい、目の下にクマ作ってひたすら食い入るように見てみたいなのをずっとやって。ウォン・カーウァイさんの『ブエノスアイレス』を見てから、映画ってめちゃくちゃ面白いなってはまって、どんどん見だして。そこからはずっと映画が好きでしょうがない」

 -理由は。

 「映画は一つの作品にギュッと全部詰まってるじゃないですか。そのために大の大人たちが夜な夜な、架空の世界を作るために一生懸命頑張っているっていうのがへんてこりんで面白いなと思って。夢のような時間なんですよ、演じている時が。そういうのを経験しちゃうとやめられなくなって。映画は大変なんですけど。朝も早いし夜遅くまでするし、長い時間拘束されるし。でも一瞬の時間のためにみんなで一緒になって一つの物を作るっていうのがすごく好きで。しかもできあがった時に、映画を見た人たちっていうのは…映画館から出た後ってすごく独特っていうか、その世界にいるようでいないような感覚に陥るのがすごく好きで」

 -一番好きなのは「ブエノスアイレス」。

 「そうです。私、監督、誰かにこだわることはないんですけど、ウォン・カーウァイさんの映画に出たいなっていうのはあります」

 -共演したい俳優はいますか。

 「窪塚洋介さんとか、満島ひかりさんとか。今までに共演した人で、一緒にお芝居していて、押されるみたいな、やばい、負けちゃうみたいな感覚になったことがなくって、そういう経験をしたいなっていうか。やばいやばい、これ負けちゃいけないみたいな、演じながら格闘するみたいなことをしたくて。満島さんとか窪塚さんって、すごくぶつかってくるイメージがあって。私、特定の好きな俳優さんっていないんですけど、共演するならぶつかってきてくれる人がいいです」

 -目標とする人、憧れの人は。

 「それがいなくて。でもリリー・フランキーさんとかすごい好きですけどね。憧れというより、生き方がすごく好きです」

      (続く)

 ◇芋生悠(いもう・はるか)1997年12月18日、熊本県出身。身長164センチ、体重45キロ。趣味・美術。特技・書道、空手、水泳、長距離走、百人一首、バスケットボール。2014年、ジュノン・ガールズ・コンテストでファイナリストとなり、芸能界入り。出演映画「野球部員、演劇の舞台に立つ」が公開中。4月スタートのTBS系連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Saeson~」にレギュラー出演する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス