文字サイズ

円広志&森昌子 ノリノリ初デュエット 新曲に手応え「夢想花」超える

 デュエット曲の公開レコーディングを行い、ラブラブ?の円広志(右)と森昌子=東京・キングレコード関口台スタジオ(撮影・開出牧)
1枚拡大

 歌手の森昌子(59)が、シンガー・ソングライター・円広志(64)とのデュエット曲「好きかもしれない~大阪物語~」を24日に発売することになり14日、都内で発表会を開いた。

 円は1983年の森のヒット曲「越冬つばめ」を本名の篠原義彦名義で作曲しており、長く親交があるが、デュエットは初。円は「(自身の代表曲)『夢想花』を超えたい。はっきり言ってイケる」とぶち上げ、森も「手応え十分」と自信をみせた。

 「好きかも-」は、大阪の男と東京の女の「大人の出会い」がテーマで、テンポ良い掛け合いが入るノリの良い曲。公開レコーディングでは、円が森に何度もボディータッチするなどノリノリで熱唱を披露した。

 だが、円は「歌っている時は何でもアリ」とボディータッチを正当化。森に抱きつくなど暴走がエスカレートし、森に「私は電信柱じゃないわ」とかわされていた。

 また、今年60歳になる森は、「還暦を迎えたら『せんせい』を歌うとき赤いセーラー服を着ようと思う」と予告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス