文字サイズ

近藤真彦、国分太一にビッグオファー「TOKIOに楽曲を作ってほしい」

 歌手の近藤真彦(53)が、29日放送のTBS系情報番組「ビビット」で、MCを務めるTOKIOの国分太一(43)と対談していることが25日、分かった。

 対談で近藤は国分に「TOKIOに楽曲を作ってほしい」と驚きの依頼。さらに過去の“マッチ伝説”や子育て論を語るなど、ジャニーズ事務所の先輩、後輩ならではの濃密なやりとりが展開された。         

 歌手デビューから37年を迎えたジャニーズ事務所の“長兄”から、後輩に思わぬ依頼がなされた。対談の締めくくり、「(20年の)デビュー40周年で、もう1回、(ビビットに)出させてよ」とジョーク混じりで話した近藤は、続けて「TOKIOが作詞作曲してよ!」と、節目の記念曲の製作を持ちかけた。

 突然のビッグなオファーに、国分は圧倒されながら「プレゼンだけはやらせていただきます」と返答。そのまま対談は終了した。バンドとして音楽性が高く、自らの歌唱曲も数曲、製作しているTOKIOだけに実現のの可能性は十分だ。

 2人はこの日が初対談で、開始前には緊張を隠せなかった国分も、マッチのおおらかさと懐の深さに、名MCとしての実力を取り戻した。

 また、同局系で放送されていた人気音楽番組「ザ・ベストテン」で恥ずかしい思いをしてディレクターと大ゲンカしたエピソードや、結婚の際に女優・黒柳徹子(84)が後押ししてくれたという秘話を披露。さらに“イクメン”でもある互いの子育て論も展開するなど、ファン垂涎のお宝トークが繰り広げられた。

 近藤は28日にも同番組に出演。同日の放送ではロングインタビューに応じ、俳優デビュー作となった「3年B組金八先生」の思い出などを語った。さらに「(マッチは)死ぬまで完成しない。するわけない」と断言するなど、ますます意気盛んだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス