文字サイズ

関ジャニ村上、MCで世界進出 160カ国放送の音楽特番 NHK有働アナとタッグ

村上信五と共同司会を務める有働由美子アナウンサー
1枚拡大

 関ジャニ∞の村上信五(35)がNHKワールドTVで来年1月1~2日に放送される音楽特番「NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO」(総合は1月8日放送)の司会を務めることが11日、分かった。世界160カ国で放送され、日本語(英語字幕)と英語を駆使して進行する。2007年から3年間ニューヨークで勤務した有働由美子アナウンサー(48)と初タッグを組み、村上が司会で“世界進出”を果たす。

 トークに定評のある村上は、「まだ日本の音楽カルチャーに触れたことがない世界の方々にも、その魅力を存分に届けられるよう精一杯MCを務めさせていただきます」と世界への発信に気合を入れた。

 NHKワールドTVによる初の大規模音楽特番は2020年東京五輪に向けて、日本の文化を知ってもらうために企画された。

 村上はビートたけし(70)とともにMCを務めた今年9月のフジ系「27時間テレビ」などで見せた高い話術が評価され、司会に抜てきされた。

 11月25、26日に東京・渋谷のNHKホールで行われる公開収録には、きゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARI、Perfumeなど世界で人気を誇るアーティストが集結。村上は豪華メンバー相手の進行に腕を鳴らす。

 「得意ではない英語」は、V6の井ノ原快彦(41)と同局「あさイチ」でコンビを組む有働アナに頼る。村上は「(有働さんの)力をお借りしながらになりますが、僕がやるからには、堅くなりすぎず、ポップにお届け出来るよう、取り組まさせていただく」と、普段通りを心掛けるとした。また、関西出身の有働アナは「アドリブも上手ですので、村上さんに教えていただきつつ司会を務めたい」と、村上への厚い信頼を口にした。

 26日には関ジャニ∞としてアーティストでも出演。村上は「海外でどのような反応が出てくるのかも楽しみ」と胸を高鳴らせていた。25日にはNEWSも出演する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス