文字サイズ

「白戸家」ついにCM卒業か!? 「10年間ありがとう」垂れ幕に上戸らビックリ

 ソフトバンクCMの新キャラクターに決まった(左から)杉咲花、古田新太、竹内涼真=都内
 ゲストMCとして“爆弾発言”した山里亮太(右)
2枚2枚

 俳優の古田新太(51)、竹内涼真(24)、女優の杉咲花(19)がソフトバンクCMの新キャラクターに決まり、13日、同社の新料金プラン(22日開始)と合わせて都内で行われた発表会に登場した。

 会見では2007年から10年に渡って同社のCMキャラクターとして活躍してきた白戸家の“卒業”を示唆する映像が流れた。上戸彩(31)と樋口可南子(58)の頭上でくす玉が割れて「10年間ありがとうございました!」と書かれた垂れ幕が飛び出し、2人は「え、終わるの!?」とあっけに取られた表情が大きく映し出された。

 ゲストMCの南海キャンディーズ・山里亮太(40)が、現場にいたという新メンバーの3人に真相を突っ込むも、古田は「俺たちにとって大切なCMなんで、猫なで声は出せますが、牙をむくことはできません」と黙秘権を行使。杉咲と竹内も回答を拒否した。

 今後の展開については謎に包まれたまま、新割引サービス「みんな家族割」にちなんで、家族をテーマにトークを展開。竹内は「何でも言い合えるオープンな家族」とし、杉咲は「結婚しても二世帯で親と一緒に住みたい」と隣り同士になった家の絵をパネルに描いた。

 若い2人に対して、月亭可朝ばりのカンカン帽をかぶり、セッタ履きというスタイルの古田は「ばあちゃん、奥さん、娘と4人暮らしだけど、全く干渉しない、ご飯も一緒に食べない、今日も何してるか分からない。オイラ、毎晩飲んで遅く帰るんだけど、たまに早く帰ると驚かれる。居心地が良くて最高の家族です」と“自由人ライフ”を打ち明けた。

 独身の山里は「とにかく誰でも一緒になってくれれば理想なんですが、占い師に『今世は(結婚が)ない』と言われ、『来世に期待ですか』と聞いたら、『来世は“草”です』と言われた」と告白。相方の山崎静代(38)と一緒に住んでいるのではと司会者に振られると、山里は「俺としずちゃんが同棲して、誰が興味わくんですか!?」と反論したが、同社の「家族割」は同居する人にも適応されるという特徴のサンプルとしてオチがついた。

 また、白戸家10周年を回顧する「白戸家展」が16、17の両日(いずれも午前11時~午後9時)、東京・表参道ヒルズで開催され、白戸家の絵画や過去に放送されたテレビCMを写真で展示する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス