文字サイズ

西川貴教、亡き母に故郷での主宰フェス成功を誓う「来てくれると思う」

ナレーションの収録を行った西川貴教=大阪・テレビ大阪
1枚拡大

 歌手の西川貴教(46)が13日、大阪市内で、テレビ大阪「虎戦士の夢の続き」(16日、深夜0・56)のナレーション収録を行った。収録後に取材に応じた西川は、8月29日に亡くなった母・一子さんへ思いを語った。

 西川は16、17日に故郷の滋賀県で主宰する「イナズマロックフェス」について「やったろうと思います」と気合い十分。昨年の同フェスは、落雷のため中止になっていた。今年も台風の影響が懸念されているが、西川は「実は、先日の母親の葬儀の日は凄いええ天気だったんです。まだ、四十九日前でフラフラしてるんだから、ここでも威力を発揮して欲しいですね」と思いを語った。

 その上で「雨が降ろうが晴れようがどっちにしろ来てくれると思うので、やれるだけやって」と亡き母に成功を誓った。

 同番組では、独立リーグの「滋賀ユナイテッドBC」監督で元阪神・上園啓史氏(33)らに密着。現役引退後の第二のキャリアを追っている。阪神ファンで滋賀ふるさと観光大使の西川がナレーションを務めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス