文字サイズ

ゴマキ襲った悲劇 父母の転落死、弟逮捕

 元モーニング娘。のメンバーで現在は芸能活動を休止している後藤真希。実弟の逮捕や、最愛の母親の自殺とみられる“転落死”など、複雑な家庭環境がたびたび報じられてきた。

【以下、2006年1月25日付本紙より】

 「モーニング娘。」の元メンバーで歌手・後藤真希(24)の母、後藤時子さん(55)が23日午後11時50分ごろ、東京都江戸川区東瑞江2丁目の自宅3階から転落し、路上で血を流して倒れているのを後藤が発見した。時子さんは頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁小松川署は飛び降り自殺か誤って転落した事故死か、死因を調べている。

 最愛の母の変わりはてた姿の第一発見者となった後藤のショックは大きく、泣きじゃくり、話せない状態という。また時子さんが亡くなる直前に知人に「死んじゃいたい」と漏らしていたことも分かった。

 家族思いで知られるゴマキを突然の悲劇が襲った。

 23日午後10時55分、自宅内で「ドン」という大きな物音を聞いた後藤が屋外に飛び出したところ、自宅前の路上で血を流し倒れている時子さんを発見。隣に住む真希の姉が119番通報し、すぐに病院に搬送されたが、24日午前1時13分に死亡が確認された。

 時子さんは23日午後10時30分過ぎに酒を飲んで帰宅。後藤と顔を合わせた直後の出来事だった。

 第一発見者となった後藤は小松川署員に事情を聴かれた際も、泣き崩れて言葉にならなかったという。聴取後は家族とともに過ごしたが、ショックが大きく、憔悴(しょうすい)しきっており、所属事務所によれば取材に対してもコメントできる状態ではないという。

 調べによると時子さんは自宅3階の窓から転落。室内に争った形跡はなく、事件性はないと断定された。遺書は見つかっていないが、同署は24日に行政解剖を行い、自殺と事故の両面で捜査を進めている。

 時子さんが転落した3階の窓は地上およそ10メートル。現在は使われていない、服役中の長男・祐樹受刑者(23)の部屋の窓だった。

 窓の高さは大人の腰ほどの位置で、乗り越えるのは容易と思われる。時子さんの帰宅時は泥酔状態ではなく、「会話ができる状態だった」(同署員)という。時子さんが転落した道路には直径1メートルほどの大きな血痕が残っていた。

 後藤は11歳の時に父親が事故死。時子さんが自宅近くで居酒屋を経営して、1男3女の子ども4人を育てた。中学2年で「モーニング娘。」として芸能界デビュー後は、後藤が“大黒柱”として家族の家計を支え続けており、モー娘メンバーの間でも“後藤家の絆”は有名だった。

 近所の住民は「(時子さんは)とてもキレイで腰が低い方だった。12月下旬に会ったときは元気そうだったのに…」と言葉を詰まらせた。また「居酒屋を譲った娘夫婦が昨年末で店を閉じたし、お子さんのことで悩まれていたようです」と話す人もいた。

 後藤は2月8日に都内で行われるイベントに登場予定だったが、心の傷はあまりに深く、出演は難しそうだ。

▼姿は見せず…

 後藤の自宅前には早朝から多くの報道陣が詰めかけたが、後藤は姿を現さなかった。自宅には親せきや花を持った知人などが出入り。夜にはカーテンが閉じられた部屋から明かりも漏れていた。後藤の所属事務所によれば、葬儀なども含めて現在検討しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス