文字サイズ

みやぞん、高校野球部ではエースで4番 東東京予選登板も「東京なのに西があるんですか」

みやぞん
1枚拡大

 お笑いコンビ、ANZEN漫才のみやぞんが13日、フジテレビ系「うちくる!?」に出演し、硬式野球部に所属していた高校時代の爆笑エピソードを披露した。

 高校時代、エースで4番だったというみやぞんは高3時、夏の甲子園予選である東東京大会に参加した。

 MCの中山秀征から「何回戦までいった?」と問われると、「そういうの気にしないんです。わからない」と驚きの返答。さらに中山が「東東京大会でしょ?」と確認すると、「東か、西かもわからない。東京なのに西があるんですか?そういうシステムを知らない」と返し、周囲をあ然とさせた。

 さらに「僕、インタビューに答えたんですよ、その当時。負けたんですけど、“次、絶対勝ちます”って言ったんです。それで終わりって知らなかった」と、夏の予選敗退で高校野球部から引退することを認識していなかったことを明かした。

 「みんな泣いていて…。それを知っていたら、僕、感動できたんですよ。どうしてみんな泣いてるのかなと。諦めるな、次があるって言ったら、みんなに“ない”って言われた」と、青春時代の夏の出来事を振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス