文字サイズ

HKT48新曲MV 手がけたのは19歳女子大生監督

 松本花奈監督が手掛けたHKT48の新曲「キスは待つしかないのでしょうか?」のMV(C)AKS
1枚拡大

 8月2日発売のHKT48の10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」のMVを、女優で映画監督の松本花奈(19)が監督したことが17日、分かった。AKBグループのMV監督では最年少だ。

 松本は小学生で女優デビューし、中学2年から映像制作を開始。現在は慶応大に通いながら監督業を中心に活躍中。今作について「今回のMVでは、16人のキュートで自然体な表情を沢山切り取りました。何度も繰り返し見ていただけますように!」とPRした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス