文字サイズ

長瀬智也、独身の悲哀!?「孤独な時間で感じることも」

 TOKIOの長瀬智也(38)が4日、都内で行われた、TBSの系主演ドラマ「ごめん、愛してる」(9日スタート、日曜、後9・00)の特別試写会で舞台あいさつを行った。

 長瀬が演じるのは、幼少時に親から捨てられ、愛情に飢えて育った青年役。「実年齢よりちょっと下ですが、僕も独り身の男として、孤独な時間でいろいろと感じることもあるので、そういったことを表現できたら」と意気込んだ。

 長瀬にとって今作は、98年に出演した同局系ドラマ「ラブとエロス」以来、19年ぶりとなるラブストーリー作品。「前回やらせていたただいたのは19歳くらいの時で、愛の考え方とかも変わっていると思うんで。1つ1つを重く感じたりしますね…」としみじみ話した。

 また、ドラマのタイトルにちなみ、「今、愛しているもの」を問われると、声に力を込め「ドーナツです」と回答。「僕も最近知った店で、外装も中身もピンクな店なんですけど、すごくおいしくて、差し入れしたときもみんなおいしいって。現場でのブームなんですよ」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス