文字サイズ

渡辺麻友、2位で卒業発表「やり残したことはありません」

AKB48からの卒業を発表した渡辺麻友=(撮影・堀内翔)
2位で卒業を発表した渡辺麻友(左)と3連覇を達成した指原莉乃(撮影・堀内翔)
ステージ上で卒業を発表する渡辺麻友(手前)=沖縄県豊見城市立中央公民館(撮影・堀内翔)
2位に終わり、優勝の椅子の横で卒業を発表する渡辺麻友=沖縄県豊見城市立中央公民館(撮影・堀内翔)
指原莉乃と抱き合う渡辺麻友=沖縄県豊見城市立中央公民館(撮影・堀内翔)
5枚5枚

 「第9回AKB総選挙」(17日、沖縄県豊見城市内)

 AKB48の渡辺麻友(23)は最後の立候補を宣言していた総選挙で2位。ステージで同グループからの卒業を発表した。

 スピーチで渡辺は第1回からの順位を「4位、5位、5位、2位、3位、1位、3位、2位」と暗唱し「皆さんのおかげで、神7、ベスト5に入れていただき、感謝しても仕切れません」と頭をさげた。

 最後の総選挙で2位となり、V奪還を逃したことを「及ばず、悔いがないと言ったらうそになりますが」と語った。

 そのうえで「皆さんにお伝えしたいことがあります」と切り出し、「私、渡辺麻友はAKB48を卒業します。卒業を決めさせていただきました」と宣言。涙はなく、淡々と言葉を紡いだ。

 卒業は自分で決めたことを明かし「AKB48のメンバーとして、やり残したことはありません」とすっきりした表情で語った。

 今後については明言しなかったが、「1から新たな挑戦をしたいなと、1から出直すつもりで」と、芸能界に残ることを示唆。「ここ2、3年ぐらい考えていて、ずっと迷いに迷って、決断しました」と吐露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス