文字サイズ

秋元氏 AKBイベント酷評「最低」

 「AKB48リクエストアワー」の演出を酷評した秋元康
1枚拡大

 AKB48の総合プロデューサーを務める秋元康氏(54)が25日、開催中の“楽曲版総選挙”イベント「AKB48リクエストアワー セットリストベスト100」の演出を酷評した。ファンとの交流サイト「Google+」上で前日24日の初日演出を「ショボかったなあ」と斬った。2日目用の告知映像も秋元氏からダメ出しされたが、反省の意味を込めて、本番では修正せずに放映した。なお、この日は75位から51位までを発表した。

 AKBグループの“トップ”秋元氏がイベントへの不満を噴出させた。イベント初日のオープニングや曲の合間に披露した企画を「ショボかったなあ」、「びっくりした」、「いつの時代の企画だろうか」と立て続けに批判。「つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、メンバーのぐだぐだトークの方がいい」と持論を展開した。

 イベント2日目用の、支配人の人事異動の告知映像にも「最低のクオリティーだ。開いた口がふさがらない」と不満を爆発させ、「何とかしろよ。失笑を買うぞ」と変更を指示していた。

 秋元氏の怒りを受け、この日のステージには、運営側を代表してAKB48の劇場支配人が登場。「スタッフを代表しておわびします」と観客に頭を下げ、「何とか(映像を)流すことができないかと、秋元さんにお願いしたら『恥をかいて学べ』という言葉をいただいた」と神妙に事情を説明。「AKBの黒歴史をご覧下さい」との自虐的な言葉を残し、あえて映像を流した。

 今回のイベントは動画配信サイト「You Tube」でも流されているが、その中の投稿欄でも内容についてファンから不満が続出。メンバーも自覚しているようで、指原莉乃(20)は冒頭、「昨日のMCが不評だったので、急きょ内容を差し替えました」と発言。「着替えがあるので、MCが間延びしちゃうのは分かってください」と訴えて、残り期間での改善を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス