文字サイズ

木村拓哉、3度目のカンヌ来訪へ意欲「タキシード、また袖を通せたら」

6度目のカンヌ国際映画祭に出席した三池崇史監督
1枚拡大

 フランスで開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」に13年ぶりに参加した元SMAP・木村拓哉(44)が、現地時間18日夜(日本時間19日)、レッドカーペットと公式上映に出席した。グループ解散後初の主演映画「無限の住人」が特別枠「アウト・オブ・コンペティション部門」で上映され、2300人から約5分間、スタンディング・オベーションを受けた。ソロとしての“世界デビュー”が上々の反応となった木村は、3度目のカンヌ来訪がかなうことを期待した。

 13年ぶりのカンヌで総立ちの拍手を受けた木村は、三池崇史監督(56)の手を高々と上げながら、笑顔で応えた。

 「言葉じゃないんですよね。どの人を見ても、手をたたきながら僕らに笑いかけてくれているのがうれしかった。感謝しています」

 ダイレクトな反応が心地よかった。木村演じる不死身の用心棒・万次が女優・杉咲花(19)演じる凜のピンチに駆けつけると、待ってましたと言わんばかりの大歓声。壮絶な殺陣など、三池監督との初タッグで完成させた時代劇に、観客は上映中でも拍手や笑いで感情を表現した。

 黒のタキシードにちょうネクタイで鑑賞した木村は、同様の装いの約2300人に「身の置き方はフォーマルですけど、映画の楽しみ方はカジュアルで素敵。(共演者の)市原隼人の言葉『映画の花形はお客さん』を思い出した」と満足そうに話した。レッドカーペットでは、赤の着物姿の杉咲や三池監督と多くのフラッシュを浴びた。

 木村のカンヌ映画祭参加は04年の香港映画「2046」以来、13年ぶり。今年からスタートしたソロ活動後、初の映画祭でもあったが「ソロ活動、初の映画祭とか結びつけは強引すぎて、どうなんだろう」と特別な意識はないとした。海外の記者からSMAP解散について「寂しくないの?」と聞かれたと明かし、「事実は事実。でも、そこをまた自分の中で引きずっていたら歩けなかった」。解散から4カ月半経過したいまは、過去を受け止めながら前を向いて進んでいる。

 今作は英国の大手新聞「ガーディアンズ」で五つ星中の四つ星を獲得。木村は「ネガティブキャンペーンがあっても構わない」と作品に誇りを抱きながら、「一度きりのタキシードもなんなんで、また袖を通せたら」と強い思いを口にした。今後も役者道をまい進しながら、3度目のカンヌを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス