文字サイズ

東山 初共演の中山美穂とのラブシーンに「ご褒美いただいた」

撮影エピソードを話す中山美穂=テレビ東京(撮影・園田高夫)
撮影の感想を話す中山美穂=テレビ東京(撮影・園田高夫)
ドラマの発表会見に登場した中山美穂=テレビ東京(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 1985年12月12日にデビューした少年隊の東山紀之(50)が21日、都内で、テレビ東京系主演特別ドラマ「花実のない森」(29日放送、後・9・00)の試写会に、同期デビューで今作がドラマ初共演となった女優・中山美穂(47)と共に出席。東山はデビュー日と昨年のクリスマスイブに中山とラブシーンに挑み、「ご褒美をいただいた」と喜んだ。

 周囲の男性が不審死を遂げる謎の女性・みゆき(中山)に一目ぼれする広告会社勤務の男を演じた。多忙な撮影スケジュールにデビュー当時を思い出したという東山は「デビュー日にキスシーン、イブにベッドシーン。ご褒美をいただき、撮影も乗り切れた。中山さんは僕の人生で大切な人になった」と茶目っ気たっぷりに語った。

 役柄同様、三十数年前に“ミポリン”に見とれた過去も打ち明けた。歌手デビューしていた2人は、1968年から90年に放送されたフジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオ」で共演。東山は「なんて美しい人がこの世にいるのかなと思った。すっと役に入れた。(共演は)とても感慨深いものがありました」と振り返った。

 中山も「本当に変わらない。東山さんは、そのまんま。場を盛り上げる方でしたので楽しかった」と笑顔。濃厚なラブシーンには、「東山さんは体当たりなタイプなのだなと思いました」と笑わせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス