文字サイズ

寺島しのぶ長男・寺嶋眞秀が初登場 将来なりたいものは「仮面ライダー」

 女優・寺島しのぶ(44)の長男で、5月に歌舞伎座で行われる「團菊祭五月大歌舞伎」(3-27日)で初御目見得となる寺嶋眞秀(4)が4日、都内で行われた同公演の会見に出席。初めて取材の場に姿を見せた。

 約100人の報道陣が集まる中、祖父の尾上菊五郎(74)、叔父の尾上菊之助(39)が行っていた会見に、母の寺島とともに登場。「寺嶋眞秀です。どうぞよろしくお願いします」と元気よくあいさつした。

 その後の質疑応答では緊張からか、なかなか言葉が出てこなかった。歌舞伎の稽古については「楽しいです」としつつ、将来なりたいものを問われると「仮面ライダーです」とかわいらしい回答。一番好きな歌舞伎俳優は「ひいま(菊五郎)です」と答えると、隣に座った菊五郎は「そばにいるからでしょ?一番見る機会が多いから」としつつ、うれしそうに相好を崩した。

 寺島は会見場の隅で様子を見守っていたが、眞秀の緊張ぶりに思わずカメラマン席まで出てきて、「笑って」とジェスチャーで和ませようとしていた。また、寺島の夫でフランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏も来場。寺島と並んで息子の晴れの舞台を見守った。

 自ら菊五郎に志願して舞台に上がる決意をしただけに、歌舞伎への関心は非常に高い眞秀。一番楽しいのは稽古をしているときだといい、菊之助は「今月も、私が出ている『傾城反魂香』も最後まで見ていました」と、1時間を超える長編も集中して見ていることを明かした。

 会見後に取材に応じた寺島は「カッチカチでしたね…。あんなに固まるんだって驚きました。家ではすごいやんちゃなのに」と苦笑い。日仏ハーフの歌舞伎役者誕生へ期待も集まるが「まずこの初御目見得を無事に終えて、それから本人の自主性に任せたい」と説明した。自身も4月、5月は女優業を完全休業し、眞秀のサポートに集中するという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス